Archives一覧

NO IMAGE

有田焼の製作工程

1. 陶石採掘 有田焼の主な原料は、陶石と呼ばれる石で、1616年有田町泉山で陶石が発見されて以来採掘が始まりましたが、現在は天草産の陶石...

NO IMAGE

有田の三右衛門

日本で初の赤絵付けの技法「柿右衛門様式」を開発し一世風靡したことで有名な酒井田柿右衛門。 今もなお、色鍋島の品格を守り続けている今泉今右衛...

NO IMAGE

有田焼の特徴

有田焼は、佐賀県有田町を中心とした地域で作られる陶磁器の総称です。透き通るような白磁の美しさと、繊細で華やかな絵付が特徴です。 薄く軽...

NO IMAGE

有田焼の土

有田焼の原料は陶石と呼ばれる石です。陶石は陶土と違い、白く、堅く、吸収性がありません。 有田焼は、1616年に有田町の泉山で陶石が発見...

NO IMAGE

有田焼の三様式

400年もの長い歴史のなかで完成された有田焼は、一般的に「古伊万里」「柿右衛門」「鍋島藩窯」の三様式に分けられます。 ◆古伊万里様式◆ ...

NO IMAGE

有田焼の歴史

江戸時代初期、肥前の有田にて、日本で初めて磁器が焼成されました。それまで、中国製磁器を購入していた日本人にとって、白く、硬く、そのうえ中国製...

NO IMAGE

有田焼とは

有田焼とは、佐賀県有田町周辺で焼かれた磁器の総称です。 硬く丈夫で、透明感のある白磁に、藍色や赤・黄・金など鮮やかな色が繊細にほどこされて...