有田の三右衛門

日本で初の赤絵付けの技法「柿右衛門様式」を開発し一世風靡したことで有名な酒井田柿右衛門。
今もなお、色鍋島の品格を守り続けている今泉今右衛門。
そして、絵付けの柄をインテリアやアクセサリーなどにまでも展開させた源右衛門。
この三つの窯元が「有田の三右衛門」です。

ただし「佐賀の三右衛門」といえば、有田の柿右衛門と今右衛門、そして唐津の中里太郎右衛門のことをいいます。