陶器の特徴

  • 焼成温度 1000℃~1300℃
  • 素地が多孔性のため、吸収性を示す
  • 吸水性のある粘土を原料とする
  • 不透光性
  • 貫入(ひび)あり
  • 土ものと呼ばれる
  • 指ではじくと鈍い音がする
  • 手作りらしい凸凹やゆがみなどが個性的

☆益子焼・薩摩焼・萩焼など