万古焼

三重県産の陶器の総称。元文年間に桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)が桑名の小向で創業し、更紗文様の赤絵など異色の製品を焼いたのがきっかけ。製品に「万古」あるいは「万古不易」と捺印したため万古焼と呼ばれました。現在は、陶器と磁器の性格をもつ半磁器(石器)が多いのが特徴です。