文政の大火

1828年(文政11年)に起こった、有田町の大火災のこと。8月9日の深夜、九州を襲った暴風雨が有田を巻き込み、岩谷川内の窯元の素焼き窯の火が飛んで燃えひろがり、「有田千軒」といわれた皿山は焼け野原となったほどの大惨事でした。不幸にも水の災害までも重なり、数十人もの命が失われました。