鳥獣戯画

平安・鎌倉時代に作られた、京都高山時に伝わる絵巻物。猿・兎・蛙など鳥獣の遊びを擬人化し、滑稽に描かれています。鳥獣戯画の「鳥獣」と「長寿」が同じ韻をしているため、縁起のよい絵柄として有田焼にもよく用いられている絵柄です。