濃筆

濃みという下絵付けの作業の時に使用される、鹿の毛を束ねた太い筆のことです。有田独特の筆で、20cm程の竹の軸に約8cmの長さの毛束。毛の直径は5cm程もあり、とても厚みのある太い筆です。
毛の先端は極めて細く、指で毛をおさえ呉須液の量を微調整することによって、色の濃淡を表現します。この濃みの作業は、昔から主に女性担当の仕事となっています。濃みの技法を習得するには実に長い訓練が必要とされ、本当に熟練技です。