永楽焼

京焼の永楽家で代々作られる陶器のこと。江戸時代、文化(1804-1830年)年間に永楽善五郎と呼ばれる京都の陶芸家が始めたことより。ただし、中国明の永楽(1403-1424年)年間に景徳鎮官窯で焼かれた磁器のことも指すことがあります。