芙蓉手

絵柄の様式のひとつで、見込みに主文様を窓絵にして置き、周囲に蓮弁を配し、その中に宝尽しや花文を入れた紋様のことです。