呉須

陶磁器の染付に用いていた藍色顔料で、酸化コバルトを主成分とする天然の鉱物です。極細末にして水に溶き、素地に文様を描いて透明釉を施して焼成すると染付の青色になります。現在では、呉須の代用として工業的に製出されたものを一般にコバルトと呼んでいます。また、中国・福建省の漳州窯で明末に作られた、粗製の染付も呉須手とも呼ばれています。