萩焼

山口県萩市と長門市で焼かれる陶器の総称。文禄・慶長の役後に朝鮮から渡来した陶工・李勺光(りしゃくこう)と李敬兄弟が開窯したと言われています。一楽二萩三唐津といわれ、深い味わいの茶陶として有名です。松本萩と深川萩の二系統に分かれて今日に至ります。