土師器

古墳時代から平安時代まで焼かれた素地土器のことで「かわらけ」とも呼ばれています。