刷毛目

土ものなどによく見られる、色土の素地を白磁に似せるため、刷毛で白化粧を行なった加飾法の一つで、朝鮮陶器で始められたため李朝期の高麗茶碗などによく使われる装飾です。
有田焼の場合は素地が白いため、呉須色(藍色)を筆で払ったように装飾する紋様を指します。