波佐見焼

長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器の総称。
県はまたぐものの、有田町のすぐ隣に位置するため、磁器生産に関しての原料や製作工程はほとんど有田焼と同じです。江戸時代の頃は、佐賀県や長崎県などという県の境も無かったため、肥前有田地区周辺では皆が有田焼(伊万里焼とも呼ばれていました)を生産していましたが、廃藩置県の制度以降から現在に至るまでは、正しい産地表記の見直しや地域ブランディングの向上などを図り、長崎県波佐見町で焼かれる焼き物は「波佐見焼」と表記されることが多くなってきました。
割烹・会席などで使える高級料亭向きの器などを多く生産している有田焼と比べると、波佐見焼はシンプルかつデザイン重視の器などが近年では多く、一般家庭向き食器生産が盛んで、磁器製の茶碗や食器類のシェアは国内トップクラスです。