印判

手描きではなく、判や印刷によって文様を施す装飾法で、同じ文様の器の量産する際などに使用される技法のこと。手描き商品に比べると、比較的安価に生産が可能となります。この合理的な技法は中国・景徳鎮窯によって開発されたもので、現代にも受けつがれています。