色鍋島

肥前鍋島家の御用窯であった大川内焼=鍋島の色絵物のこと。江戸時代の磁器の中で最も精巧を極め、赤・緑・黄の3色を主色とし、絵付けはきわめて精緻です。
鍋島様式の中には、白磁に藍のみの「鍋島染付」、藍の染付のあと、赤・黄・緑で上絵を施す「色鍋島」、青磁釉をかけて焼く「鍋島青磁」と大きく3種類に分かれますが、当時「色鍋島」が特に評価され有名なことから、一般に「鍋島」の言えば色鍋島のことを指すことが多いです。