カオリン

長石の風化で生じる白色粘土のグループ名で、陶磁器の原料です。耐久性が高く、粘り強いのが特徴です。水で練ると可塑性を生じ、乾燥すると強度が出ます。陶磁器だけでなく、セメント、ゴム、製紙などにも使用されています。中国・景徳鎮産陶器の原料産地、高嶺(Kaoling)に由来しています。