金襴手

白磁の器全体に、色絵の上から金彩をほどこし豪華絢爛、精巧に描き込まれた絵柄で、17世紀末頃から製造されるようになりました。この様式は「金襴手様式」と呼ばれ、有田焼の三様式の一つとなっています。