生掛け

素焼きをせず、生生地の状態に釉を掛けて焼く、施釉技法の一つです。有田焼などの磁器製品であれば、通常素焼き後に施釉をしますが、厚手の焼き物などには生掛けが多く見られます。

素焼のまえに釉をかけて吸水させると、素地が強くなり、効果的に装飾を出すことができます。釉を杓でかける方法と、釉の入った桶に全体を浸す方法とがあります。