濁し手

米のとぎ汁のように乳白色をした不透明な磁器の素地のこと。純白な磁胎に乳白色の不透明な釉薬を上掛けした器を呼ぶ言葉で、柿右衝門様式の色絵磁器にみられる濁し手が代表的なもので、乳白色の白手焼となっているようなものを指します。濁し手は柿右衛門様式の代名詞であり、最上級品です。