御庭焼

江戸時代、大名が自らの趣味で城内や邸内に窯を築き、焼かせた陶磁器。