Archives一覧

NO IMAGE

素地

陶石と呼ばれる磁器原料で作られている、まだ釉薬を施していない状態のもの。

NO IMAGE

京焼

桃山時代以降、京都で作られる陶磁器のことを指します。ただし、その中でも「楽焼」は除外されています。 桃山時代に、瀬戸の陶工が京都の粟田口(...

NO IMAGE

九州陶磁文化館

世界的にも注目されている焼き物専門の美術館です。肥前磁器をはじめ、九州各地の陶磁器が収集・展示されており、基礎から歴史まで幅広く学べる施設と...

金彩

金の絵具を施す装飾のことで、色絵の上から描かれることが多いです。色絵と金彩を合わせたものを「金襴手」とも呼びます。

金継ぎ

陶磁器の割れや欠けた部分に漆を使って修理する接着方法のこと。古陶磁や骨董品などにもよく見られます。金銀で加飾することにより新たな魅力が生まれ...

金襴手

白磁の器全体に、色絵の上から金彩をほどこし豪華絢爛、精巧に描き込まれた絵柄で、17世紀末頃から製造されるようになりました。この様式は「金襴手...

NO IMAGE

櫛目高台

鍋島様式の作品にのみ見られる高台の文様のこと。高めに造られた皿の高台に、染付で精巧に施された櫛のような、しましま文様。

口紅

陶磁器の口縁に赤褐色の鉄釉を施すことで、柿右衛門のつながりに多く見られます。

NO IMAGE

宮内庁御用達

天皇後一家で使用される物品を宮内庁に納める指定業者のこと。有田焼では香蘭社(1896年認定)や深川製磁(1910年認定)などが御用達に指定さ...