皿山

九州地方では、主に陶磁器の生産地を指します。有田皿山とは、有田町・陶磁器生産地の総称であり、その村々を指す言葉でもあります。登り窯があった陶業地のことを「皿屋」と呼んでいたが、のちに「皿山」と呼ばれるようになりました。