薩摩焼

鹿児島県薩摩・大隅地方に産する陶磁器の総称。文禄の役後、島津義弘が朝鮮から伴ってきた陶工によって始められました。俗に白薩摩・黒薩摩とよばれる白釉地のものと黒釉地のものとがあり、作風も多様でしたが、江戸末期以降は色絵が主力となっています。