瀬戸焼

愛知県瀬戸市を中心に生産される陶磁器の総称。鎌倉期にはじまり、桃山時代には茶器、江戸時代には雑器、そして文化年間以降は磁器生産が主流となっています。
特に、桃山時代の頃に焼かれていた茶器が茶人の間で大変珍重されていたことの名残もあり、現在ではやきもの(陶磁器全般)のことを「セトモノ」という代名詞を使って表現することもあります。