祥瑞

中国明末の崇禎(1628-1644)年間、日本の茶人の注文により中国の景徳鎮窯で作られたといわれる染付け磁器=青花のこと。素地は精白で、丸紋のつなぎ、あるいは散らしの中に、 花鳥風月・人物・幾何学模様などを描いたものがよく見られます。「五良大甫」「呉祥瑞造」の銘があるところからつけられた名称。明末から清初にかけて焼かれました。