祥瑞手

染付磁器の上手のものを指します。明末清初の青花磁器で日本に舶来したもののうち上手のものを祥瑞、普通のものを染付、下手のものを呉須手と呼んでいました。