染付

白磁の素地のにコバルトを含んだ呉須(ごす)とよばれる青色顔料で文様を描き、その上に透明の釉薬を施して焼成し、青一色でしあげた絵付け、またその装飾技法のことです。
中国・朝鮮では「青花(せいか)」、英語では「Blue and white」と呼ばれています。日本では着物の藍染を思わせることから染付と呼ばれるようになりました。