墨はじき

下絵付けの際の技法の一つです。素焼き状の素地に白抜きにしたい文様を墨で描き、その上から呉須を塗って焼くと、墨に入っている膠分が撥水剤の役割を果たし、墨で描いたの部分が呉須をはじき、焼成すると白くります。染織のろうけつの技法とよく似ています。