素焼き

成形した生地を十分に乾燥させてから、釉をかけず約900度で焼き、軽く焼き固め、水分を吸っても水に溶けない状態になった状態のものを指します。
有田焼で用いる素焼きとは、製作過程のものであり、もろく欠けやすい状態。英語ではbiscuit(ビスケット)とも呼ばれます。もし素焼きをせず、生生地の状態で絵付を試みても、さらに柔らかくもろすぎて非常に困難です。
染付と呼ばれる藍色の輪郭線や、その輪郭内を塗りつぶす作業(下絵付)は、呉須という絵具で、この素焼きの段階にほどこされます。それから釉薬をかけ、約1300度で焼くと、素地は白く焼きしまり、透明感のあるガラス質になります。