萩焼

山口県萩市と長門市で焼かれる陶器の総称。文禄・慶長の役後に朝 …

白磁

絵柄が入っていない無地の白色磁器のこと。カオリンという白い粘 …

刷毛目

土ものなどによく見られる、色土の素地を白磁に似せるため、刷毛 …

波佐見焼

長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器の総称。 県はまたぐものの、有 …

土師器

古墳時代から平安時代まで焼かれた素地土器のことで「かわらけ」 …

馬上杯

脚部を手で握れるほどに高くした酒杯のことで、昔、遠路を旅する …

ハマ

磁器を焼くときに窯の中で、器物の下に敷く粘土製の丸い敷物のこ …

濱田庄司

神奈川県生まれ(1894-1978)、主に昭和に活躍した日本 …

万古焼

三重県産の陶器の総称。元文年間に桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろ …

藩窯

江戸時代に各藩が経営した窯のことです。佐賀・鍋島藩の場合は、 …