は行一覧

NO IMAGE

萩焼

山口県萩市と長門市で焼かれる陶器の総称。文禄・慶長の役後に朝鮮から渡来した陶工・李勺光(りしゃくこう)と李敬兄弟が開窯したと言われています。...

白磁

絵柄が入っていない無地の白色磁器のこと。カオリンという白い粘土が主原料の、白色の素地に透明釉をかけて高温で焼いたものです。

刷毛目

土ものなどによく見られる、色土の素地を白磁に似せるため、刷毛で白化粧を行なった加飾法の一つで、朝鮮陶器で始められたため李朝期の高麗茶碗などに...

NO IMAGE

波佐見焼

長崎県波佐見町で焼かれる陶磁器の総称。 県はまたぐものの、有田町のすぐ隣に位置するため、磁器生産に関しての原料や製作工程はほとんど有田焼と...

NO IMAGE

土師器

古墳時代から平安時代まで焼かれた素地土器のことで「かわらけ」とも呼ばれています。

NO IMAGE

馬上杯

脚部を手で握れるほどに高くした酒杯のことで、昔、遠路を旅する時、馬上で酒を飲むために考えられたという風説があります。会席などでは食前酒や、珍...

ハマ

磁器を焼くときに窯の中で、器物の下に敷く粘土製の丸い敷物のことです。ハマを使用せずに直接板の上に載せると、焼き物だけが収縮してしまい、歪んで...

NO IMAGE

濱田庄司

神奈川県生まれ(1894-1978)、主に昭和に活躍した日本の陶芸家です。栃木県益子に住し、日常雑器を主とする益子焼の民芸風な味わいを高めま...

NO IMAGE

万古焼

三重県産の陶器の総称。元文年間に桑名の豪商沼波弄山(ぬなみろうざん)が桑名の小向で創業し、更紗文様の赤絵など異色の製品を焼いたのがきっかけ。...

NO IMAGE

藩窯

江戸時代に各藩が経営した窯のことです。佐賀・鍋島藩の場合は、献上品など最高の技術で作られたもののみを焼いた窯を指します。大川内山窯が鍋島氏の...