か行一覧

NO IMAGE

カオリン

長石の風化で生じる白色粘土のグループ名で、陶磁器の原料です。耐久性が高く、粘り強いのが特徴です。水で練ると可塑性を生じ、乾燥すると強度が出ま...

掻落

装飾技法の一種で、素地・化粧土・鉄絵具・釉薬などを削り取って模様を表す方法。中国の磁州窯などで多く使われた技法です。白化粧の一部を削り落とし...

NO IMAGE

笠間焼

茨城県笠間市周辺を産地とする陶磁器の総称。 名主久野半右衛門道延が、近江信楽の陶工長右衛門を招き開窯し陶器を焼いたのが起こりとされています...

NO IMAGE

窯元

陶磁器を窯で焼いて作る所。また、その陶磁器を作る人を指すこともあります。

貫入

陶磁器の釉の表面に現れた細かいひびのこと。 貫入は、陶器には作品の表情や特徴として多く見られますが、有田焼のような磁器には性質上生じにくく...

NO IMAGE

素地

陶石と呼ばれる磁器原料で作られている、まだ釉薬を施していない状態のもの。

NO IMAGE

京焼

桃山時代以降、京都で作られる陶磁器のことを指します。ただし、その中でも「楽焼」は除外されています。 桃山時代に、瀬戸の陶工が京都の粟田口(...

NO IMAGE

九州陶磁文化館

世界的にも注目されている焼き物専門の美術館です。肥前磁器をはじめ、九州各地の陶磁器が収集・展示されており、基礎から歴史まで幅広く学べる施設と...

金彩

金の絵具を施す装飾のことで、色絵の上から描かれることが多いです。色絵と金彩を合わせたものを「金襴手」とも呼びます。