さ行一覧

NO IMAGE

瀬戸焼

愛知県瀬戸市を中心に生産される陶磁器の総称。鎌倉期にはじまり、桃山時代には茶器、江戸時代には雑器、そして文化年間以降は磁器生産が主流となって...

染付

白磁の素地のにコバルトを含んだ呉須(ごす)とよばれる青色顔料で文様を描き、その上に透明の釉薬を施して焼成し、青一色でしあげた絵付け、またその...

染錦

染付と色絵を組み合わせたもの。素焼きの段階で染付と呼ばれる下絵付を行い、釉薬をかけ本窯にて焼成します。その後、色絵を施し赤絵窯にて焼き付けた...

NO IMAGE

薩摩焼

鹿児島県薩摩・大隅地方に産する陶磁器の総称。文禄の役後、島津義弘が朝鮮から伴ってきた陶工によって始められました。俗に白薩摩・黒薩摩とよばれる...

NO IMAGE

皿屋敷

怪異伝説のひとつ。主人公の秘蔵の皿を1枚割ってしまったために惨殺され、井戸に投げ込まれたお菊が「一枚〜二枚〜・・・」と皿を数えるという説。

NO IMAGE

皿山

九州地方では、主に陶磁器の生産地を指します。有田皿山とは、有田町・陶磁器生産地の総称であり、その村々を指す言葉でもあります。登り窯があった陶...

NO IMAGE

皿山なぜなぜ

有田町教育委員会が、社会教育事業の一つとして、小学校の高学年を対象にした、有田焼の手引書のようなものです。 有田町は、かつて皿山と呼ばれて...

磁器

陶器とは異なり、素地がよく焼締まってガラス化し、吸収性のない純白透明性の焼き物のこと。軽く弾くと金属音がします。陶器は「土もの」と呼ばれるよ...

磁石

陶石とも呼ばれる、磁器の原料である石のことです。日本では有田の泉山の磁石の発見が初と言われています。世界中でも泉山と熊本の天草の石だけが、単...

下絵付け

釉薬をかける前の素焼きの段階で、呉須という絵具で絵付けを施すことです。ガラス質の釉薬の下に見える藍色の染付も下絵付けです。