十区七山

江戸時代から、泉山の陶石を原料として使用することを許された有 …

柴田明彦

食品会社経営の傍ら、祐子夫人と40年余にわたって収集した江戸 …

焼成

陶磁器を焼くことで、素焼、本焼、上焼があります。

初期伊万里

1610年代から、色絵が登場した1640年代頃までに焼かれた …

祥瑞

中国明末の崇禎(1628-1644)年間、日本の茶人の注文に …

祥瑞手

染付磁器の上手のものを指します。明末清初の青花磁器で日本に舶 …

水簸

陶石を砕いて、ふるいにかけた粉末を精製して粘土にすることです …

墨はじき

下絵付けの際の技法の一つです。素焼き状の素地に白抜きにしたい …

素焼き

成形した生地を十分に乾燥させてから、釉をかけず約900度で焼 …