さ行一覧

NO IMAGE

十区七山

江戸時代から、泉山の陶石を原料として使用することを許された有田町内の区域の名称です。 十区とは 1.泉山区 2.中樽区 3.上幸...

NO IMAGE

柴田明彦

食品会社経営の傍ら、祐子夫人と40年余にわたって収集した江戸期の有田焼を九州陶磁文化館に寄贈。 1940年 » 東京に生まれる。 ...

NO IMAGE

柴田夫妻コレクション

柴田明彦、祐子夫妻による古伊万里を中心とした有田焼のコレクション群。 江戸時代の初めから幕末までの有田磁器の歴史的変遷がわかるように、様々...

NO IMAGE

初期伊万里

1610年代から、色絵が登場した1640年代頃までに焼かれた有田の磁器のことです。染付を中心とした製品がほとんどですが、鉄分を多く含む粘土を...

NO IMAGE

祥瑞

中国明末の崇禎(1628-1644)年間、日本の茶人の注文により中国の景徳鎮窯で作られたといわれる染付け磁器=青花のこと。素地は精白で、丸紋...

NO IMAGE

祥瑞手

染付磁器の上手のものを指します。明末清初の青花磁器で日本に舶来したもののうち上手のものを祥瑞、普通のものを染付、下手のものを呉須手と呼んでい...

水簸

陶石を砕いて、ふるいにかけた粉末を精製して粘土にすることです。陶石に水を加えてかきまぜ、不純物や粗な部分が沈殿するのを待ち、上水のみをくみ取...

墨はじき

下絵付けの際の技法の一つです。素焼き状の素地に白抜きにしたい文様を墨で描き、その上から呉須を塗って焼くと、墨に入っている膠分が撥水剤の役割を...

素焼き

成形した生地を十分に乾燥させてから、釉をかけず約900度で焼き、軽く焼き固め、水分を吸っても水に溶けない状態になった状態のものを指します。 ...