濃み

呉須で素地に絵付をする際に、輪郭線をほどこされた中に太い濃筆 …

濃筆

濃みという下絵付けの作業の時に使用される、鹿の毛を束ねた太い …

丹波焼

兵庫県今田町で中世から続く陶器の総称。中世は自然釉の掛かった …

鳥獣戯画

平安・鎌倉時代に作られた、京都高山時に伝わる絵巻物。猿・兎・ …

朝鮮出兵

豊臣秀吉の領土的野心による2度にわたる朝鮮への侵攻で、159 …

手塩皿

塩や香などを盛る「おてしょ」と呼ばれる小さく浅い皿のこと。

天狗谷窯跡

李参平が泉山で白磁石の石場を発見し、有田町白川に開窯した窯の …

転写絵付

印刷絵付や、単に転写とも呼ばれます。同一の模様を多量に必要と …

天目

もともとは抹茶を飲むための茶碗の一種の名称でしたが、昭和に入 …

天目釉

鉄を多く含んだ黒褐色の釉薬のこと。釉薬の中に含まれている鉄分 …