や行一覧

NO IMAGE

焼き物

土を形成し、窯を用いて焼成された陶磁器の総称。やきもの、焼物とも表記されます。やきものは陶器・磁器・土器・炻器と大きく4種類に分類されます。

NO IMAGE

釉薬

素地の上に施される、表面を覆うガラス質の層の元となる薬品のこと。主成分は珪酸塩化合物。もしも釉薬をかけずに焼成すると、表面はザラザラの仕上が...

雪輪文

雪の結晶を文様化した紋様のこと。1650年代頃より現れ、盛んに用いられるようになりました。

油滴天目

黒釉の表面に銀色の油点が散ったように斑紋が現れているもので、窯変の一種。あたかも水面に油の滴を点々と垂らしたように見えることがこの名の由来で...

NO IMAGE

窯変

陶磁器の焼成中に窯の中での火のあたり方が変わり、素地や釉に変化が生じ、思わぬ形や色合い、質感に変わることを指します。