初期伊万里

1610年代から、色絵が登場した1640年代頃までに焼かれた有田の磁器のことです。染付を中心とした製品がほとんどですが、鉄分を多く含む粘土を使用していたため素地の質は決してよくありません。また磁壁は厚く、ゆがんでいびつな形や窯傷・釉剥げなどが多くみられ、呉須の発色は青黒く、ぼかしの少ない濃淡のはっきりしたものが多いなど、当時の中国・景徳鎮の磁器には断然対抗できるものではありませんでした。しかし、技術的には未完成ながら、力強く自由な筆致とやわらか味のある質感から、素朴な魅力を備えていることが特徴といわれています。昭和30年代頃より骨董界で“初期伊万里”と称されるようになり、この言葉が誕生しました。