丹波焼

兵庫県今田町で中世から続く陶器の総称。中世は自然釉の掛かった壺や鉢が多く生産されていましたが、桃山時代後期から江戸時代には施釉の陶器が主に生産されました。