陶器

土器のさらに進化した焼き物で、素地が十分焼締まらず吸収性があり、不透明でその上に光沢のある釉薬を施したもののこと。原料は石ではなく土でできているため、黒っぽく「土もの」とよばれ、抹茶碗や土鍋、タヌキの置物などが代表的です。
陶器は独特の形や風合いが表現でき大変趣はありますが、欠けや割れに弱いため、一般食器では磁器が多く使われています。また、一般にはやきもののことを「セトモノ」や「陶器」と呼ぶように、陶磁器の総称でも使われています。