現川焼

現在の長崎市現川町で江戸時代に焼かれていた陶器のこと。
鉄分の多い茶褐色の器肌が特徴であり、京焼風の多様多彩な刷毛目と加飾が施されています。主に皿・鉢・向付が中心です。江戸時代には「西の仁清」とまで謳われたことがあったものの、藩の財政面を理由に製造は約50年しか続かず、現川焼は姿を消してしまいました。しかし明治時代になり十二代目・横石臥牛が復活させ、現在は佐世保市の横石臥牛窯で復興されています。