窯変

陶磁器の焼成中に窯の中での火のあたり方が変わり、素地や釉に変化が生じ、思わぬ形や色合い、質感に変わることを指します。