油滴天目

黒釉の表面に銀色の油点が散ったように斑紋が現れているもので、窯変の一種。あたかも水面に油の滴を点々と垂らしたように見えることがこの名の由来です。