釉薬

素地の上に施される、表面を覆うガラス質の層の元となる薬品のこと。主成分は珪酸塩化合物。もしも釉薬をかけずに焼成すると、表面はザラザラの仕上がりになります。素地中に水分を浸透させないようにすることと同時に、表面に美的効果を与えるために使われます。釉・上薬も同義です。