有田焼とは

参照: The Metropolitan Museum of Art

有田焼とは、佐賀県有田町周辺で焼かれた磁器の総称です。硬く丈夫で、透明感のある白磁に、藍色や赤・黄・金など鮮やかな色が繊細にほどこされているのが特徴です。また、藍色で描かれた染付の器も有名です。

江戸時代の初め、ある朝鮮陶工が有田で磁器の原料となる“陶石”を発見したことがきっかけで、国内ではじめて磁器の焼成が行われるようになりました。有田の磁器は17世紀後半から18世紀後半にかけて、国内はもとよりヨーロッパを主とした海外へも多く出荷されるようになりました。

有田には海がないため、有田で作られたやきものは一番近い港である伊万里港から積荷がなされていました。そのため、「有田焼」ではなく「伊万里焼」と呼ばれてその名を知られるようになります。当時輸出された豪華な品々は、現在でも「古伊万里(Ko-Imari/Old Imari)」と呼ばれ、世界各国の美術館・博物館に展示されています。

現在では有田周辺で製造される磁器を有田焼と称し、多くのやきものファンに愛されています。

広告

有田焼について最新8件