CATEGORY

磁器ペディア

    一閑人

    一閑人(いっかんじん)とは 井戸枠の形をした器の口縁などの片側に、人形がへばりついて内側を覗きこんで […]

      泉山磁石場

      泉山磁石場(いずみやまじせきじょう)とは 日本磁器発祥の地と言われている、有田町の泉山にある磁石場で […]

        鋳込み

        鋳込み(いこみ)とは 水で溶かした陶土を石膏型に流し込み、その型を外して中の成形体を取り出すという、 […]

          安南焼

          安南焼(あんなんやき)とは ベトナムで作られた陶磁器の総称。6世紀に始まるといわれており、中国南部の […]

            有田焼

            参照:The Metropolitan Museum of Art 有田焼(ありたやき)とは 現在の […]

              有田陶磁美術館

              有田陶磁美術館(ありたとうじびじゅつかん)とは 1954年5月に開館。有田皿山の磁器を中心に、その周 […]

                有田陶器市

                有田陶器市(ありたとうきいち)とは 毎年ゴールデンウィークの期間に有田町で開催される、陶磁器を販売す […]

                  有田異人館

                  有田異人館(ありたいじんかん)とは 1876年、有田の豪商田代助作が、有田焼を買い付けに来た外国人を […]