有田焼

参照:The Metropolitan Museum of Art

広告

有田焼(ありたやき)とは

現在の有田町とまたその周辺で生産されたの磁器の総称のことで、我が国で最初に焼かれた磁器です。元和2年(1616年)朝鮮からの渡来人、李参平(りさんぺい)が創始。江戸時代に有田皿山で作られた製品は伊万里港より出荷したことから「伊万里焼」や「伊万里」「古伊万里」とも呼ばれています。

広告

あ行最新8件