泉山磁石場

広告

泉山磁石場(いずみやまじせきじょう)とは

日本磁器発祥の地と言われている、有田町の泉山にある磁石場です。1616年、朝鮮人陶工・李参平により国内で初めて磁石が発見された場所です。有田の町民は「石場(いしば)」と呼んでいます。

白い岩が露出し木がなく、道路などのある地面よりはるか下の方まで掘り下げられていて、有田焼の原料となる陶石を400年もの長い歴史を経て掘り続けてできあがった形が生々しく残っています。現在は白磁ヶ丘公園とも呼ばれる国指定史跡になり、採石はあまり行われていません。

広告

あ行最新8件